介護職員を目指したい方へ

高齢化社会に伴い、介護職は急務に求められている職業の一つです。2025年問題というものがあり、団塊の世代がこの頃に後期高齢者となる為、介護職員を100万人増やしたいという現状があります。その為、転職するなら介護職と考えておられる方は大勢います。以前のホームヘルパー2級の資格は名称が変わり、現在では「介護職員初任者研修」と呼ばれています。転職に伴い資格を取得しようとされる方もおられるでしょうが、介護職に就くに際して、まずどのような心がけが求められているのでしょうか?相手にするのは年配の方々ですから、基本的に人間が好きである人が何よりも求められます。さらには年配の方々のお世話をすることになりますので、親切な態度で接することがとても重要です。自分の身内が介護施設で世話を受ける時に、どのような世話を受けて欲しいか?という観点で考える事が大切となります。
では介護職員への転職を目指してこの資格を取得するにはどのような手順が必要でしょうか?まずこの資格は筆記試験だけで取得出来るものでは無く、実習が行われ、初任者研修課程終了時には筆記試験が行われます。この介護職員に関しては国としても今後増やしたいと思っている為、新たに資格を取得して介護職を目指そうとされる方には助成制度が設けられています。市区町村によって様々ですが、条件を満たすことによって初任者研修の受講料の一部、又は全額に相当する助成金が給付される制度があります。資格取得を考えておられる方は一度、市区町村に問い合わせされることをお勧め致します。介護職は今後益々需要が高まる仕事です。初心忘れず愛情込めて一人一人をお世話する気持ちが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です