コミュニケーションの重要度

介護関連の職種は適切なケアを提供する上でスタッフ同士の協力が欠かせない仕事です。そのため、同僚や上司と連携を取り、サービス利用者の健康状態によっては医療従事者とも協力して職務を遂行していく事が不可欠です。
介護業界はコミュニケーションが重要視されることから、人間関係の問題で特に離職率が高くなります。こういった問題は意思疎通の方法に工夫を凝らすことで仕事上の問題点の多くを克服出来るケースが見られます。各部署のリーダーがしっかり一人ひとりの悩みを汲み取ることが求められるのです。
また老人ホームなどで必要とされる身体介護は、女性にとって体力的に大きな負担になりがちです。そのため、体力で上回る男性職員が率先して負担の大きな介護を行う事で、女性スタッフの負担を軽減し、転職理由の一つとなる体力面の問題を補う事が出来るのです。それゆえに、職場でのコミュニケーションが重要な要素とされ、日頃から頻繁に言葉を掛け合い、気軽に助け合う事が出来る環境をつくり上げていく事が大事になってくるのです。コミュニケーションが円滑になる結果、スタッフ同士が思いやりの精神をもって接するので、長期的な勤務も可能な働きやすい職場となります。スタッフ同士で日常的なコミュニケーションを心掛ける事に加え、職場でのミーティングも定期的に開催し、協力して介護が提供できる環境を維持していく事が求められるのです。それぞれに、関わりあう人を大切にしようとする気持ちが芽生えることによって、よりよい介護ケアを提供できる基盤が完成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です